[ニュース]

トヨタ自動車の北米法人、大型燃料電池トラックの改良型を公開―実証実験に追加投入

2018/07/31
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

トヨタ自動車の北米法人であるToyota Motor North Americaは、大型燃料電池トラックの改良型を公開した。

トヨタ自動車の北米法人であるToyota Motor North Americaは2018年7月30日(アメリカ中部標準時間)、大型燃料電池トラックの改良型を公開した。Toyota Motor North Americaは2017年夏から、カリフォルニア州のロサンゼルス港にトヨタ自動車が開発した大型燃料電池トラックを投入し、大気汚染物質減少を目的とした実証実験「Project Portal」を実施している(参考記事)。今回公開した改良型も実証実験に追加投入する予定だ。

図 Toyota Motor North Americaが公開した、改良型の大型燃料電池トラック

図 Toyota Motor North Americaが公開した、改良型の大型燃料電池トラック

出所 トヨタ自動車

改良型は、実証実験に投入した車両の運用データなどを活かして開発したという。最大の改良点は、水素タンクの本数。改良前の車両では4本を搭載していたが、改良型では6本を搭載する。この結果、水素を満充填した状態での航続距離を約320kmから約480kmに引き伸ばした。ほかには、燃料電池ユニットの配置を変更して、ホイールベースを延長することなく運転席後部に簡易ベッド付きの仮眠スペースを確保したなどの改良が加わっている。

現在、実証実験で運用している大型燃料電池トラックは、港湾エリアで実際に貨物を輸送し、およそ1万6000kmを走行しているという。Toyota Motor North Americaは、港湾部の大気汚染物質をさらに削減するために、カリフォルニア州ロングビーチ港に燃料電池と水素ステーションを兼ね備える「Tri-Gen」を建設する予定だ。Tri-Genでは、カリフォルニア州の畜産場の家畜排泄物や汚泥などのバイオマスから水素を取り出す。燃料電池の1日あたりの発電量は約2.35MWh(2350kWh)で、水素製造量は1.2トンとなる予定だ。Tri-Genは2018年に建設が始まり、2020年ごろに稼働開始の予定となっている。


■リンク
Toyota Motor North America
トヨタ自動車

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...