[ニュース]

トヨタ自動車が燃料電池自動車の5,680件の特許を無償公開へ

2015/01/08
(木)

トヨタ自動車は、世界初の燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」の発売に続いて、新年早々の2015年1月6日、燃料電池自動車(FCV)の普及に向けて、トヨタが単独で保有している世界で約5,680件(表参照)の燃料電池関連の特許(審査継続中を含む)の実施権を無償で提供する、と発表した。

これは、米国ラスベガスで開催されているCES(コンシューマエレクトロニクスショー、2015年1月6日~9日)でも発表されたが、異例な特許公開とあって、世界的に大きな注目を集めた注1

今回の発表は、燃料電池自動車の導入初期段階においてその普及を優先課題とし、今後、開発や市場導入を進める自動車メーカーや水素ステーション整備を進めるエネルギー会社などと協調し、新市場を早急に創出する戦略に基づいたものとなっている。

今回の発表が、自動車業界の次世代の新ビジネスを拓くトリガーとなるか、国際的な熱い視線が集まっている。

表  トヨタ自動車の特許実施権の無償提供の具体的な内容

〔出所 2015年01月06日付http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/4663446/


▼注1
http://pressroom.toyota.com/releases/toyota+fuel+cell+patents+ces+2015.htm

 

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...