[ニュース]

テクノスデータサイエンス・マーケティング、日本マイクロソフトとMicrosoft Azure利用のIoT分野で協業

2015/09/03
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2015年9月3日、テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社(以下:TDSM、東京都新宿区、代表取締役:城谷直彦)は、日本マイクロソフト株式会社(以下:日本マイクロソフト、東京都港区、代表執行役社長:平野拓也)と、IoT分野における強力なパートナーシップを実現していくため、Microsoft Azure(以下:Azure)を利用したIoTソリューションの提供を行い、IoT分野で協業することを発表した。

TDSMは、各業界・業務ごとにデータサイエンティストによる高度なデータ分析を強みとしている。すでにIoTを活用したデータ分析の実績もあり、独自のアルゴリズム解析技術を搭載した人工知能(AI)製品「Scorobo」などの自社製品も提供している。Microsoft AzureはIoT領域に強みをもち、その基盤にTDSMの分析技術を合わせることでデータサイエンティスト集団ならではの高度な先進事例の開発を先んじて行い、両者のIoTビジネスの拡大を図っていく。同協業の第1弾として、TDSMがもつ製品や高度な統計解析ノウハウとAzure基盤を利用して「故障予測分析ソリューション」を提供する。

故障予測分析ソリューションは、IoTデータを分析することで機器などの異常を検知し故障を事前に予測する。分析結果だけを提供するのではなく、分析に必要なデータを収集・蓄積、加工とその結果をレポートとして提供する。

異常や故障を事前に予測することで、

  • 稼働率の向上
  • 物流/保守要員の効率化
  • 製品開発(機器の使われ方からニーズや不満を探る)
  • マーケティング活動の改善(故障や消耗品の欠品を防止することにより、これらをきっかけとした他社製品への乗り換えを抑止するなど)

などのさまざまな効果を得ることが可能となる。


■リンク
TDSM
日本マイクロソフト
 

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...