「第5次エネルギー基本計画」が発表されて以降、再生エネルギー(再エネ)の主力電源化の動きとVPP(Virtual Power Plant、仮想発電所)への期待が急速に高まっている。この背景には、SDGsやパリ協定の実現に向けた、国際的な低炭素社会への大きな流れがある。VPP構築実証事業も現在3年目を迎えているが、実証フェーズからビジネスフェーズへの展開が活発化してきた。
ここでは、創刊6周年記念特集として、VPPの原点に戻って具体的な目標を確認し、新予算も含めて見直しが行われたVPP実証事業と最新動向や課題について、前後編に渡って整理していく。

「第5次エネルギー基本計画」が発表されて以降、再生エネルギー(再エネ)の主力電源化の動きとVPP(Virtual Power Plant、仮想発電所)への期待が急速に高まっている。この背景には、SDGsやパリ協定の実現に向けた、国際的な低炭素社会への大きな流れがある。VPP構築実証事業も現在3年目を迎えているが、実証フェーズからビジネスフェーズへの展開が活発化してきた。
ここでは、創刊6周年記念特集として、VPPの原点に戻って具体的な目標を確認し、新予算も含めて見直しが行われたVPP実証事業と最新動向や課題について、前後編に渡って整理していく。

スマートグリッド M (2019/01/08)

いよいよ、日本の電力システム改革の第3段階となる発送電分離(正確には送配電部門の法的分離)が2... >>続きを読む

スマートグリッド M (2019/01/08)

本誌2018年12月号の「特集」(前編)では、VPP構築実証事業について、全体的な最新動向を中... >>続きを読む

スマートグリッド M (2018/12/01)

「第5次エネルギー基本計画」が発表されて以降、再生エネルギー(再エネ)の主力電源化の動きとVP... >>続きを読む