[【創刊6周年記念】 発送電分離直前! 次世代の電力システムはどうあるべきか]

東京電力パワーグリッド株式会社 取締役副社長 岡本浩氏に聞く!日本の電力システム改革と今後の展望

— 発送電分離からUtility 3.0のビジネスモデルまで —
2019/01/08
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

いよいよ、日本の電力システム改革の第3段階となる発送電分離(正確には送配電部門の法的分離)が2020年4月に実施される。2019年は、電力業界にとってその準備の年としてたいへん重要である。この発送電分離をトリガーにして、電力システムは変貌を遂げようとしている。それがUtility 3.0だ。電力業界が運輸業界(電気自動車)などと連携しながら融合するというダイナミックな展開である。
ここでは、Utility 3.0を提唱し推進する第1人者である、東京電力パワーグリッド株式会社 取締役副社長 岡本 浩(おかもと ひろし)氏に、Utility 3.0とは何かについて語っていただいた。Utility 3.0を実現する5つの要素から、パリ協定の実現を目指して推進する脱炭素化戦略、東京電力パワーグリッドの具体的な取り組みや、サイバー攻撃やレジリエンス、そしてビジネスモデルは何かに至るまで、次世代電力システム「Utility 3.0」の全貌を詳述する。

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...