[市場動向]

2017年にスマートフォンは67.5% M2Mは5%へ上昇

─シスコが全世界のモバイルデータトラフィックの最新予測を発表─
2013/03/01
(金)
SmartGridニューズレター編集部

米シスコとシスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)は、最新版の「全世界のモバイルデータトラフィックの予測:2012〜2017年版」を発表した(2013年2月6日)。

表1 2012〜2017年の5年間の変化の見通し

表1  2012〜2017年の5年間の変化の見通し

米シスコとシスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)は、最新版の「全世界のモバイルデータトラフィックの予測:2012〜2017年版」注1を発表した(2013年2月6日)。

この予測によると、世界全体のモバイルデータトラフィックは、スマートフォンやタブレットなどの新モバイル対応デバイスの急速な普及を背景に、2012〜2017年の5年間に13倍も増加し、2017年には月間11.2エクサバイト(年間134エクサバイト)注2に達する。

今回のシスコの予測では、モバイルデータトラフィック合計に対する割合を見ると、モバイルオフロード注3は2012年の33%から、2017年には46%に増加すると予測されている。また、モバイル接続全体の10%近くを4G(LTE)が占める見通しとなった。

このようなモバイルトラフィックの増加が見込まれる要因として、例えば表1に示すように、モバイル対応デバイス(端末)/接続およびM2M接続の数が、70億から100億(M2M接続の増加分17億を含む)に増加することなどが挙げられている。

表2 2017年におけるモバイルデバイスおよびモバイル接続の動向

表2  2017年におけるモバイルデバイスおよびモバイル接続の動向

図に、モバイルデータトラフィックを増加させるデバイス群を示した。2012〜2017年の5年間におけるトラフィックの年平均成長率(CAGR)は、実に66%と急増。とくに2017年にスマートフォンのトラフィックは67.5%を占め、一方、堅調な伸びをしているM2Mのトラフィック(車載GPSシステム、資材・物流管理システム、医療アプリケーションなど、表2)は、2017年に5%を超えると予測されている。

なお、2013年には、モバイル接続されるデバイスの台数は、世界の人口(国連予測で76億人)を超えるものと見込まれている。

図 急増するスマートフォンのトラフィックと、5%を超えるM2Mのトラフィック

図  急増するスマートフォンのトラフィックと、5%を超えるM2Mのトラフィック

〔出所 http://www.cisco.com/web/JP/solution/isp/ipngn/literature/pdf/white_paper_c11-520862.pdf


▼ 注1
「Cisco Visual Networking Index (VNI) Global Mobile Data Traffic Forecast for 2012 to 2017」http://www.cisco.com/web/JP/solution/isp/ipngn/literature/pdf/white_paper_c11-520862.pdf

▼ 注2
1エクサバイト(Exa Byte):1018バイト。109バイト(1Gバイト)の109倍。コンピュータやストレージで用いられるIPトラフィックの測定単位で、100京バイトあるいは100万Tバイトに相当する。

▼ 注3
オフロード:Offload。通信のトラフィック〔=負荷(Load)〕を切り離す(Off)という意味。すなわち、通信が混雑してきたときに、現在の携帯電話網(例:LTE)から別の通信網(例:Wi-Fi網)に通信データ(トラフィック)を迂回させ、現在の通信網(LTE)の負荷を軽減させること。

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...