[スペシャルインタビュー]

oneM2Mも視野に入れて普及・拡大するWi-SUN!

―Wi-SUNアライアンス議長 Phil Beecher(フィル・ビーチャー)氏に聞く―
2014/08/01
(金)

東京電力が「Wi-SUN規格」をスマートメーター用通信インタフェース(B ルート)として採用を決定したところから、「Wi-SUN規格」が急速に注目され、普及し始めている。そこで、Wi-SUNアライアンス議長であるフィル・ビーチャー(Phil Beecher)氏に、Wi-SUNに関する最新の動向や日米における普及状況、今後の展開をお聞きした。最後に、フィル・ビーチャー氏は、Wi-SUNアライアンス内にすでにM2M関連のInterest Group(専門委員会)を設置しM2Mに関する検討を開始しており、M2Mの国際標準化組織である「oenM2M」の動向にも大きな関心をもっている、と語った。

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...