[ニュース]

出光興産など3社、秋田県で地熱発電所開発に向けて噴気試験を実施

2018/10/04
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

出光興産、国際石油開発帝石、三井石油開発の3社は、秋田県小安地域で地熱発電の試験のために掘削した井戸(試験生産井)の能力などを確認するために噴気試験を実施していると発表した。

出光興産、国際石油開発帝石、三井石油開発の3社は2018年10月4日、秋田県小安地域で地熱発電の試験のために掘削した井戸(試験生産井)の能力などを確認するために噴気試験を実施していると発表した。噴気試験は9月28日から始めており、10月18日まで続ける予定だ。

図 噴気試験中の試験生産井

図 噴気試験中の試験生産井

出所 三井石油開発

3社は2011年から小安地域で地熱資源の開発に向けて調査を続けている。今回の噴気試験では、実用の生産井、還元井と同規模の井戸を掘って、井戸の蒸気量、地下温度、地熱流体の化学成分、井戸周辺の透水性などを検証する。

この後は、蒸気や熱水がたまっている「貯留層」の評価、環境影響評価を実施し、数カ月間の実証実験に移る。実証実験で地熱井の能力を詳細に評価し、発電出力を決め、地熱発電設備の設計を始める。3社はここまでの調査を2018年度から2021年度にかけて実施していくとしている。

上記の過程で、地熱発電所の事業化が可能と判断できれば、用地を取得し、各種許認可手続きを取って、地熱発電所の建設工事を始める。


■リンク
出光興産
国際石油開発帝石
三井石油開発

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...