[ニュース]

印刷用インキ大手のDIC、国内5事業所に自家消費用太陽光発電設備を導入

2019/03/27
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

三菱電機は、印刷用インキ大手のDICの国内5事業所に自家消費用太陽光発電設備を納入したと発表した。

三菱電機は2019年3月26日、印刷用インキ大手のDICの国内5事業所に自家消費用太陽光発電設備を納入したと発表した。納入先は千葉工場(千葉県市原市)、四日市工場(三重県四日市市)、埼玉工場(埼玉県北足立郡)、館林工場(群馬県館林市)、総合研究所(千葉県佐倉市)の5事業所。納入規模は発電出力合計でおよそ1.5MW(1500kW)に達するという。

図 DICの館林工場の遊休地に設置した自家消費用太陽光発電システム

図 DICの館林工場の遊休地に設置した自家消費用太陽光発電システム

出所 三菱電機

太陽光発電モジュールには、単結晶シリコンセルを搭載した製品を採用した。モジュール1枚当たりの最大出力は300W。セル内で発生する電子の不活性化を抑えるPERC(Passivated Emitter and Rear Cell)構造や、セル内の抵抗損失を減らすSE(Selective Emitter)構造を採用し、モジュール当たりの発電量を増加させている製品だ。

さらに、発電した余剰電力が送電系統に流れる「逆潮流」を押さえる仕組みも導入している。施設内での消費電力量を監視しながら、必要に応じて逆潮流を抑えて、自家消費量を最大化する。

納入先5カ所に設置した太陽光発電システムの主な仕様は下表の通り。5カ所とも、計画段階から施工、保守まで三菱電機が担当している。

表 DICの5事業所が導入した太陽光発電システムの主な仕様

事業所名 モジュール合計出力 パワーコンディショナー出力 設置場所 年間発電量 設備利用率 年間CO2削減量
千葉工場 105.3kW 100kW 折板屋根 約104MWh
(10万3961kWh)
約11.3% 60.2t
四日市工場 21.6kW 20kW 屋上(基礎) 約24MWh
(2万3781kWh)
約12.6% 13.8t
埼玉工場 35.1kW 30kW 折板屋根 約35MWh
(3万5389kWh)
約11.5% 20.6t
館林工場 約1.3MW
(1272.6kW)
約1.3MW
(1250kW)
遊休地(基礎) 約1.3GWh
(130万8704kWh)
約11.7% 757.7t
総合研究所 43.2kW 40kW 折板屋根 約43MWh
(4万3401kWh)
約11.5% 25.1t
合計 約1.5MW
(1477.8kW)
約1.5MW
(1440kW)
  約1.5GWh
(151万5236kWh)
約11.7% 877.4t

出所 三菱電機


■リンク
三菱電機

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...