[特別レポート]

NGN時代のDOCSIS 3.0とケーブル(CATV)戦略(2) =シスコケーブルソリューションセミナー2008=

2008/05/02
(金)
SmartGridニューズレター編集部

〔2〕キャリアが提供する「価値」の変化 ~プラットフォームビジネスへの移行~

続いて、中川氏は、NGNによる「価値」の変化について説明した。NGNでは新しいサービスを作り出すための仕組みSDP(サービス提供基盤)がネットワーク上に用意されており、サービス事業者は、機能ごとのコンポーネントを組み合わせるだけで新しいサービスやアプリケーションを作ることができる。

中川氏は「電話の場合は、通信事業者がインフラからサービスまですべて提供していた。その後登場したインターネットでは、インフラとサービス提供者が分離したが、サービス事業者は、提供するサービスやアプリケーションをそれぞれ独自に開発する必要があり、コストも時間も設備もかかる。これに対して、NGNは、キャリアがサービスを作るための基本的な機能を提供し、サービス事業者はこのネットワーク上に用意されている新サービスを作り出すプラットフォームを利用することで、多様なアプリケーションやサービスを簡単に生み出すことができる。これが機能提供型のプラットフォーム型モデルだ」と説明した。

そして図9を示し、「NGNでは、キャリアが提供する『価値』が大きく変化する。これまでは、キャリアは回線を提供するだけで、アプリケーション事業者がサービスに必要な機能のすべてを自身で構築し、運用していたのに対し、NGNでは、キャリアが提供するプラットフォームが基本機能をもち、アプリケーション事業者はさらにユーザー側の付加価値を提供していくモデルに変化する」と述べた。

図9 キャリアが提供する「価値」の変化(クリックで拡大)

こうした、プラットフォームビジネス(機能提供モデル)には、2つの狙いがあると指摘する。

(1)サービス提供者に対してオープンで自由なサービス提供環境を提供
(2)機能単位での課金による新しい収益モデルへの移行(回線料金モデルからの脱却)

そして、英BT(British Telecommunications)の例として、

「BTは、NGNサービス『21CN(21世紀ネットワーク)』の構築を急ピッチで進めている。21CNでは、Web 21CNと称するアプリケーション開発のためのオープンなプラットフォームでAPIやSDK(ソフトウエア開発環境)を提供しており、21CNでアプリケーションやサービスを提供したい企業は自由に利用して新しいサービスを提供できる。なお、BTは通信事業者からサービス事業者への転身を進めており、すでに、BT全体のビジネスのうち、音声収益は10%以下にまで比率を下げている」と説明した。

そして、NTTグループによって提供されるNGNのSDP提供モデルを、図10に示し、「NTTグループの場合は、NTTコミュニケーションズがNGNのサービス提供基盤(SDP)を公開し、ASP事業者や一般企業向けのAPIを提供する。NGNのネットワーク機能を活用したサービスやシステムを手軽に組めるようにすることが狙っているのは、BTと同様である」と述べた。

図10 NTTグループによるSDP提供モデル(クリックで拡大)
関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...