[オラクルのスマートグリッド戦略]

オラクルのスマートグリッド戦略≪後編≫

― 日本のスマートグリッドの展開に必須となるパッケージソフト ―
2013/10/01
(火)

スマートグリッドの導入に加えて、電力の自由化・送配電分離という規制緩和など、2つの大きな変化が同時に進行している日本で、オラクルはどのようにスマートグリッドビジネスを展開するのだろうか。そのカギは「パッケージソフト」(業務機能がすでにプログラム化されているソフトウェア製品)にありそうだ。そこで後編では、オラクル・コーポレーション グローバル・ビジネスユニット ユーティリティ業界向け戦略担当バイスプレジデントであるビル・デヴェロー(Bill Devereaux)氏に、オラクルのスマートグリッド戦略のポイントをお聞きした。

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...