[ニュース]

積水化学、太陽光発電システムなどを搭載した住宅の電力量収支実邸調査を発表

2015/02/09
(月)
SmartGridニューズレター編集部

積水化学工業株式会社 住宅カンパニー(以下:積水化学、大阪市北区、プレジデント:関口 俊一)は、「太陽光発電システム(以下:PV)+ホームエネルギーマネジメントシステム(以下:HEMS)搭載住宅の電力量収支実邸調査(2014)」を実施した。

積水化学では、2011年4月発売の「スマートハイム」よりHEMSを搭載している。今回の調査は、2013年1~12月の間に入居済みのセキスイハイムのうち、3,545邸を対象に2014年1年間の消費電力量・発電電力量・電力量収支について、設置されているコミュニケーション型HEMS「スマートハイム・ナビ」のデータを活用し、分析を行った。

調査の結果、2014年のZEH※1達成邸は家電込みで17%(前年度:13%)、平成26年度ZEH補助金※2要件「家電の消費電力を除いたゼロエネルギー評価」〔以下:ZEH(家電抜き)〕よる試算では約49%(前年度:46%)となった。

積水化学は1997年以降、PVの搭載を積極的に進め、2003年に「光熱費ゼロハイム」、2012年には大容量PV・定置型大容量リチウムイオン蓄電池「e‐Pocket」(イー・ポケット)・HEMSの3点セットを標準搭載した「進・スマートハイム」を発売している。2013年に標準的な規模の建物でもZEH(家電込み)を実現できる「スマートパワーステーション」シリーズ、2014年には電気自動車と連携した「V to Heim」シリーズを投入するなど、スマートハウス分野に積極的に取り組む。

さらに、新築住宅では2016年までに家電を除いたZEHの標準化を、2020年年には家電も含めたZEHの標準化を目標に掲げている。

 

◆調査の結果ポイント

  1. EH(家電抜き+家電込み)邸は約66%の2,343邸に
    昨年実施した「電力量収支実邸調査(2013)」では、家電込みのZEH達成邸は調査した母集団の13%だったが、全体の17%に拡大した。また、家電抜きの達成邸も昨年の46%から49%となった。
    今回のZEH達成邸は、合計で66%(前年:59%)。電力量収支は家電込みのZEH達成邸でマイナス1.312KWh/年(前年:1,253KWh/年)となった。2015年は同社製品である「スマートパワーステーション」の入居者データが加わるため、ZEH達成率はさらに高まる見込み。
     
  2. ZEH(家電込み)邸の年間光熱費収支は約11万5,000円のプラス
    年間光熱費収支では、PV搭載住宅の中央値の光熱費収支はプラス1万7,127円(前年:プラス1万6,252円)だった。ZEH(家電抜き+家電込み)でプラス4万8,597円(前年:5万7,119円)、さらにZEH(家電込み)はプラス11万4,578円(同プラス12万5,211円)となった。
     
  3. ZEH達成率は小家族で高く、寒冷地では低い傾向
    家電抜き&家電込みのZEH達成率は、「夫婦のみ」で81%、「夫婦+子ども」で68%、子ども夫婦+親夫婦で51%となり、家族の人数が少ないほど高くなる傾向となる。また、寒冷地は発電量(日射量)が少なく冬期の消費電力が多いため、達成率が低い傾向となる。

※1:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略、オール電化住宅の場合:消費電力量<発電電力量

※2:EH補助金
住宅・ビルの革新的省エネ技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)

■リンク:積水化学

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...