[ニュース]

中部電力、7月から一般家庭向けスマートメーターの設置開始 ―2023年までに880万台の設置目指す―

2015/07/21
(火)

中部電力株式会社(以下、中部電力、本社 愛知県名古屋市)は、2015年7月より、同社管内の全地域において、一般家庭などへのスマートメーターの設置を開始した。

スマートメーターは、既存の電力メーターが設置されている家庭に関しては、その検定有効期間(10年間)の満了時に交換して設置する。そのほか、住宅の新築時にも設置を進めていく。同社は、1年間に約130万台スマートメーターの設置を行い、2023年3月までに同社管内の低圧電力(0.5kW以上50kW未満)の全契約数である約880万台(2013年3月末時点)のスマートメーターの設置を目指すとしている。

同社は、特別高圧電力の契約(500kW以上の高圧)を行っている事業者約7,000万件については、すでにスマートメーターの設置を終えており、高圧電力の契約(500kW未満の高圧)を行っている事業者約10万5,000件については、2017年3月までに設置を完了する予定である(契約数は、いずれも2013年3月末時点)。

同社では、2014年10月より、同社管内の一部地域(愛知県春日井市や豊橋市の一部など)において、一般家庭などを顧客対象に、約1万2,500台のスマートメーターを設置し、スマートメーターを利用したデータの伝送や電力使用量の見える化、メーターの遠隔操作、中継装置の故障への対応などの検証を行っており、検証の結果が良好であったため、全地域への設置に踏み切った。

■リンク
中部電力

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...