[ニュース]

中部電力、ガス小売事業の登録申請し2017年1月からの受付開始を目指す

2016/09/13
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2016年9月13日、中部電力株式会社(以下:中部電力、名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲)は、改正ガス事業法に基づき、経済産業大臣にガス小売事業の登録申請を行ったことを発表した。

同社は、2001年から大規模工場向け等に自社の導管を活用した天然ガス販売事業を開始し、段階的にガス事業を強化・拡大している。(2015年度ガス・LNG販売実績97万トン)
家庭等へのガス小売事業については、まずは、東邦ガス株式会社の供給区域で都市ガスを利用の顧客を対象に展開を予定する。
また、2017年1月からの受付開始を目指し、安価で分かりやすいガス料金メニューを検討していく。


※ 家庭等へのガス小売事業とは、一般家庭および飲食店などガス使用量が年間10万m3未満の顧客を対象とする。

■リンク
中部電力

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...