[ニュース]

東邦ガス、G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットに協力

2016/05/19
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2016年5月19日、東邦ガス株式会社(以下:東邦ガス、名古屋市熱田区、代表取締役社長:安井 香一)は、2016年5月26・27日に三重県志摩市で開催されるG7伊勢志摩サミットにおいて、政府が企画しているカーボン・オフセットの取り組み※1に協力し、同社保有のJ-クレジット100トン分※2を提供することを発表した。

J-クレジット制度とは、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取り組みによる、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度である。同制度により創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用できる。

G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットの概要

  1. 排出活動
    ・参加者の移動(国際航空分もを含む)及び宿泊
    ・会場運営(サミット会場、プレスセンター)
     
  2. 参加者
    ・代表団(G7、G7以外の参加国、国際機関関係者)
    ・支援事業者(サミットの開催をサポートする事業者・団体)
    ・プレス関係者(国外、国内)
     
  3. 募集規模(予定)
    ・20,000トン程度

※1 G7伊勢志摩サミットに際して、J-クレジットを運営する経済産業省、環境省、農林水産省は、外務省と連携して、J-クレジット等を活用した官民によるカーボン・オフセットを実施することとし、協力できる企業・自治体を募集している。日本の官民が協力してカーボン・オフセットを実現することにより、気候変動対策への姿勢を国際的に示すとともに、国内の地球温暖化対策に対する理解と協力への機運の醸成を図る。

※2 提供されるクレジット量は、サミットにおけるCO2排出量の確定後、各社の申し込み量を上限として最終確定される。

■リンク
東邦ガス

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...