[ニュース]

アスクル、「グリーン電力証書」付きの電力を物流センター4カ所に導入

2018/05/02
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

アスクルは、同社が運営する物流センター4カ所で、「グリーン電力証書」が付属する電力を使用すると発表した。

アスクルは2018年5月1日、同社が運営する物流センター4カ所で、「グリーン電力証書」が付属する電力を使用すると発表した。同社は2017年11月に再生可能エネルギーのみで事業を運営することを目指す世界的な企業連合「RE100」に参加すると発表しており、2030年までに業務で消費する電力を100%再生可能エネルギー由来のものに転換すると宣言している(参考記事)。

グリーン証書付きの電力は、ネクストエナジー・アンド・リソースが提供する「グリーナでんき」を選んだ。2018年5月1日に大阪府大阪市の物流センター「大阪DMC」に導入するのを皮切りに、6月1日には宮城県仙台市の「仙台DMC」と愛知県東海市の「名古屋センター」、7月1日には福岡県福岡市の「ASKUL Logi PARK 福岡」に順次導入する。4カ所への導入が完了した時点で、アスクルグループ全体で消費する電力のおよそ25%が再生可能エネルギー由来の電力に切り替わるという。

アスクルは2017年11月にRE100への参加に加えて、EV100への参加することも明らかにしている。事業所から発生するCO2を2030年までにゼロにするだけでなく、配送に使用する車両をすべて電気自動車に切り替えて、車両から発生するCO2の量も2030年までにゼロにするとしている。

図 事業所で発生するCO2をゼロにするだけでなく、配送に使用する車両を電気自動車に転換してCO2排出量をゼロにする

図 事業所で発生するCO<sub>2</sub>をゼロにするだけでなく、配送に使用する車両を電気自動車に転換してCO<sub>2</sub>排出量をゼロにする

出所 アスクル

アスクルはRE100で掲げた目標達成に向けた中間目標として、2025年までにアスクル本社と物流センターで消費する電力を100%再生可能エネルギー由来のものに転換するとしている。その後5年かけて、グループ全体の事業所で消費する電力をすべて再生可能エネルギー由来のものに転換し、CO2排出量をゼロにする計画を立てている。今後も、目標達成に向けて再生可能エネルギーの導入を進めるとしている。


■リンク
アスクル

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...