[ニュース]

Tesla、普及価格帯のEV「Model 3」に自動車庫入れ機能を追加―シャッターも自動で開閉

2018/07/06
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

TeslaのCEOであるElon Musk氏は、自身のTwitterアカウントへの投稿で、同社初となる普及価格帯の電気自動車(EV)「Model 3」で自動車庫入れ機能「Summon」が利用可能になったことを明かした。

TeslaのCEOであるElon Musk氏は2018年7月5日(アメリカ西海岸時間)、自身のTwitterアカウントへの投稿で、同社初となる普及価格帯の電気自動車(EV)「Model 3」で自動車庫入れ機能「Summon」が利用可能になったことを明かした。Summonはすでに上位車種の「Model S」や「Model X」では利用可能になっていたが、Model 3については、最近のソフトウェアアップデートで対応したようだ。

図 Elon Musk氏によるTwitterへの投稿

出所 Elon Musk氏

「Summon」は、自動車を屋内車庫に自動運転で駐車する機能。駐車が完了したら自動的に自動車の電源を切る。ユーザーの呼びかけに応じて、自動車を自動的に車庫から出すこともできる。車庫にあるシャッターも自動的に開け閉めする。Summonを利用するには、自動車を車庫のそばに移動させてから、スマートフォンの専用アプリケーションでボタンをタッチするだけで良い。

動画 「Summon」の機能を実演してみせる動画

出所 Tesla

ちなみに、ショッピングセンターの駐車場のような物理的な仕切りがないところでの自動駐車機能「AutoPark」は、すでに2018年春のソフトウェアアップデートで利用可能となっている。

図 Teslaの普及価格帯EV「Model 3」

図 Teslaの普及価格帯EV「Model 3」

出所 Tesla

Model 3はTeslaが2017年7月に生産を開始し、7月末に納車セレモニーを開催していた。このときは2017年8月に100台を生産し、9月には1500台を生産すると予告していた(関連記事)。しかし、実際には月産数百台にとどまる時期が続いた。2018年7月1日に、ようやく週に7000台のModel 3を生産できる体制が整ったところだ。


■リンク
Elon Musk氏によるTwitterへの投稿

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...