[ニュース]

前面のドアから車内に出入りする2人乗りEVがEUで型式認定取得、スイスメーカーが開発

2018/07/23
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スイスMicro Mobility Systemsは、同社が開発した2人乗り電気自動車(EV)「Microlino」がEUの型式認定を取得したと発表した。

スイスMicro Mobility Systemsは2018年7月13日(中央ヨーロッパ時間)、同社が開発した2人乗り電気自動車(EV)「Microlino」がEUの型式認定を取得したと発表した。車体前面にドアがあり、そこから車内に出入りするデザインの2人乗りEVだ。

図 2人乗りEV「Microlino」。車体前面のドアから出入りする

図 2人乗りEV「Microlino」。車体前面のドアから出入りする

出所 Micro Mobility Systems

Microlinoは2016年にヨーロッパの展示会で発表したEV。2018年中旬の販売を目指していたが、ほかにはない車体の形状と、前面のドアから乗り降りするという使い方が原因となって、型式認定に予想以上の時間がかかったという。

Microlinoは出力15kW、最大トルク110Nmのモーターで駆動する。最高速度は90km/h。電源となる蓄電池は蓄電容量が8kWhのものと、14.4kWhのものの2種類を用意する。航続距離はそれぞれ約126kmと約202kmだ。Micro Mobility SystemsはすでにWebサイトで予約を受け付けている。販売価格は1万2000ユーロ(156万円:1ユーロ=130円で換算)程度になるとしている。

Micro Mobility Systemsは早々にMicrolinoを25台限定で生産し、一般ユーザーを対象とした最終テストを実施する。そして、2018年12月に量産を開始し、スイス国内で発売する予定。2019年にはドイツ市場に参入する計画も立てている。


■リンク
Micro Mobility Systems

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...