[ニュース]

スコットランドの企業が世界最大出力の潮力発電設備を発表、2020年に運転開始へ

2018/11/16
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スコットランドOrbital Marine Powerは、開発中の潮力発電設備「Orbital O2」を発表した。

スコットランドOrbital Marine Powerは2018年11月16日(グリニッジ標準時)、開発中の潮力発電設備「Orbital O2」を発表した。細長い筒のような本体の左右に1基ずつ発電用タービンを搭載しており、このタービンを水中に沈めて潮の流れでタービンを回して発電する。2020年にスコットランド北部のオークニー諸島にあるヨーロッパ海洋エネルギー・センター(European Marine Energy Centre)の施設で運転を開始する予定だ。

図 スコットランドOrbital Marine Powerが発表した潮力発電設備「Orbital O2」

図 スコットランドOrbital Marine Powerが発表した潮力発電設備「Orbital O2」

出所 Orbital Marine Power

Orbital O2の本体の全長は73mで、本体の左右にあるタービンの直径は20m。潮の流れが秒速2.5mの条件でタービン1基当たりの出力は1MW(1000kW)となる。左右に1つずつ備えているので、合計出力は2MW(2000kW)だ。Orbital Marine Powerは、Orbital O2が単独の潮力発電設備としては過去最大のものになるとしている。

動画 Orbital O2の機能を紹介するする動画

出所 Orbital Marine Power

Orbital O2では、同社として初めてタービンのブレード角度を360°調節できる機能を搭載した。これで巨大な本体を動かすことなく、どの方向からの潮流も捉えることが可能になったとしている。


■リンク
Orbital Marine Power

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...