[ニュース]

KCCS、Sigfoxの人口カバー率を90%まで拡大―2019年夏には97%まで拡大予定

2018/12/04
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、同社が提供しているLPWA(Low Power Wide Area)通信サービス「Sigfox」のサービスエリアが人口カバー率にして90%まで拡大したと発表した。

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は2018年12月3日、同社が提供しているLPWA(Low Power Wide Area)通信サービス「Sigfox」のサービスエリアが人口カバー率にして90%まで拡大したと発表した。SigfoxはフランスSigfoxが開発したもので、通信免許が不要な920MHz帯の無線を利用して、最大で数十kmの通信を実現する。通信速度は100ビット/秒で、上り通信のみの対応だが、通信に必要な電力量が少なく、小さな電源しか搭載できないIoT(Internet of Things:モノのインターネット)端末に向く通信方式だ。日本ではKCCSが独占ライセンスを取得し、2017年2月から東京23区内の一部の地域でサービスを開始し、サービスエリアの拡大を続けてきた(参考記事)。

図 KCCSはSigfox通信サービス提供開始から1年9カ月ほどで、サービスエリアを人口カバー率90%まで拡大した

図 KCCSはSigfox通信サービス提供開始から1年9カ月ほどで、サービスエリアを人口カバー率90%まで拡大した

出所 京セラコミュニケーションシステム

KCCSによると、日本国内では400社のパートナー企業がSigfoxを利用して、高齢者や児童の現在位置確認、水道メーターの遠隔検針、ビニールハウス環境管理、水位・雨量監視、灯油タンクの残量計測、傾斜監視など多様なサービスを提供している。

当初のエリア拡大計画では、2019年3月までに人口カバー率85%を達成する予定だったという。しかし、Sigfox通信サービスの需要が日本全国各地で高まった。そこで、なるべく早く多くのユーザーに利用してもらうために計画を前倒しで進め、2018年11月に人口カバー率90%を達成したとしている。

KCCSは今後も基地局設置を進め、通信エリアを拡大していく。2019年3月末には人口カバー率95%、2019年夏には97%まで拡大する計画を示している。


■リンク
京セラコミュニケーションシステム

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...