[ニュース]

KDDIら4社、瀬戸内海の離島でSigfoxを活用した自動水道検針を実用化

2017/11/14
(火)
SmartGridニューズレター編集部

KDDI、京セラコミュニケーションシステム、第一環境、アズビル金門の4社は、「Sigfox」を活用した自動水道検針システムの運用を開始すると発表した。

KDDI、京セラコミュニケーションシステム、第一環境、アズビル金門の4社は2017年11月14日、IoT端末向け通信サービス「Sigfox」を活用した自動水道検針システムの運用を開始すると発表した。この4社は、山間部や人口がごく少ない離島など、検針員が現地を訪問して検針すると多大な時間とコストがかかるような場所に自動検針システムを導入することを目的として「Sigfox自動検針コンソーシアム」を結成している。

自動検針が始まる場所は瀬戸内海に浮かぶ離島「西島(にしじま)」(兵庫県姫路市)。姫路港からフェリーで60分ほどの場所だ。姫路市水道局の協力を得て、島内28カ所にSigfox通信機と対応する水道メーターを設置して、準備を進めてきた。各世帯からのSigfoxの電波は西島の隣に浮かぶ「家島(いえしま)」に建てた基地局で受信し、そこからはインターネットを経由してデータセンターにデータを送信する。水道業者は、データセンターにWebブラウザでアクセスすることで、各世帯の水道料金をほぼリアルタイムで確認できる。自動検針システムは11月14日から本稼働となる。

図 自動検針システムの構成と機器の設置場所

図 自動検針システムの構成と機器の設置場所

出所 京セラコミュニケーションシステム

今回のシステムでは、京セラコミュニケーションシステムがSigfox基地局を設置し、KDDIが基地局設置場所とネットワーク環境を提供した。Sigfox通信機と対応水道メーターはアズビル金門が開発提供し、メーターや通信機の設置と検針業務は第一環境が担当する。

Sigfox自動検針コンソーシアムは、西島の水道メーターだけでなく、一部のLPガスメーターにもSigfoxを利用した自動検針システムを導入する準備を進めている。


■リンク
KDDI
京セラコミュニケーションシステム
第一環境
アズビル金門

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...