[ニュース]

石炭運搬船でバイナリー発電、神戸製鋼所が川崎汽船の船舶で運用試験を開始

2019/02/01
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

神戸製鋼所は、同社が開発に取り組んでいる「舶用バイナリー発電システム」の長期実船運用試験を開始すると発表した。

神戸製鋼所は2019年2月1日、同社が開発に取り組んでいる「舶用バイナリー発電システム」の長期実船運用試験を開始すると発表した。同日に竣工した川崎汽船の石炭専用船「CORONA YOUTHFUL」(9万1000トン)に最大出力100kWの舶用バイナリー発電システムを搭載し、実際に船舶を運用しながらおよそ3年間にわたって発電システムの性能や耐久性を確認する。

図 実船運用試験の舞台となる石炭専用船「CORONA YOUTHFUL」

図 実船運用試験の舞台となる石炭専用船「CORONA YOUTHFUL」

出所 神戸製鋼所

バイナリー発電とは、比較的低温の熱源でも発電できる発電方式。日本では地熱や温泉水などを利用した小規模な発電所での採用例が多い。バイナリー発電機はタービンが付いた環状のパイプの中を媒体が循環するような形になっており、媒体には沸点が低いものを使う。比較的低温の熱源を利用して蒸気を作り、タービンを回して発電する。ちなみに、地熱や温泉水で使用するバイナリー発電システムでは、媒体にペンタン(C5H12)などを利用する。ちなみにペンタンの沸点は約36℃。

今回の長期実船運用試験では、船舶の主エンジンが排出する熱でバイナリー発電システムを動作させる。発電した電力は船舶の動力の補助電源などの用途で有効に活用する。エンジンの排熱は今まで未利用になっていたものであり、それを有効に活用して船舶内で使用する電力を発電するわけだ。

神戸製鋼所によると、2018年4月に国際海事機関(IMO:International Maritime Organization)が、船舶に対して2008年比で2030年までにCO2排出量を40%減、2050年までに70%減という目標を設定した。このため、船舶業界ではCO2削減対策が大きな課題となっている。神戸製鋼所は舶用バイナリー発電システムを世界中で拡販していく方針を示している。


■リンク
神戸製鋼所
川崎汽船

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...