[ニュース]

Peugeot、新型EV「Peugeot e-208」を発表ー50kWhの蓄電池を搭載し航続距離は340km

2019/02/26
(火)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Peugeotは、電気自動車(EV)「Peugeot e-208」を発表した。

Peugeotは2019年2月25日(中央ヨーロッパ時間)、電気自動車(EV)「Peugeot e-208」を発表した。2019年の秋から発売の予定。3月7日から17日にスイス・ジュネーヴで開催予定のジュネーヴ・モーターショーに出展するとしている。

図 Peugeotが発表した新型EV「Peugeot e-208」

図 Peugeotが発表した新型EV「Peugeot e-208」

出所 Peugeot

Peugeot e-208は、同時発表の「Peugeot 208」と共通の車体を使用している。ちなみにPeugeot 208は、ガソリンエンジン車とディーゼルエンジン車の2種類が存在する。PeugeotはEVであるPeugeot e-208と合わせて、3種類の駆動機構を用意し、消費者が好みで選べるようにしたという。

Peugeot e-208の最大出力は136hp(100kW)で、最大トルクは260Nm。「Eco」「Normal」「Sport」の3種類の走行モードを用意しており、「Eco」に設定すると電力消費を極力節約し、走行可能な距離を伸ばす。「Sport」に設定すると、最大の走行性能を発揮する。

搭載しているリチウムイオン蓄電池の蓄電容量は50kWhで、航続距離は燃費試験法の世界標準であるWLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure)で最長340km。ヨーロッパ標準であるNEDC(New European Driving Cycle)では450kmに達する。そしてPeugeotは、8年間あるいは走行距離16万kmまで、蓄電池の蓄電容量を新車の状態と比べて少なくとも70%を維持することを保証するとしている。

充電時間は、住宅のコンセントを利用すると16時間、住宅用充電器を利用すると5時間15分。出力100kWの商用急速充電器を使うと、30分で最大蓄電容量の80%まで充電できる。

図 急速充電器を使うと、30分で80%まで充電できる

図 急速充電器を使うと、30分で80%まで充電できる

出所 Peugeot

また、車線逸脱を検知して戻す機能や、全自動で駐車場に駐車する機能、緊急時の自動ブレーキなど安全運転支援機能も搭載している。


■リンク
Peugeot

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...