[ニュース]

九電工、東京センチュリー、ベルテクノエナジー、三重県で71.9MWのメガソーラーを建設開始

2019/03/28
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

九電工、東京センチュリー、ベルテクノエナジーの3社は、三重県で大規模太陽光発電所(メガソーラー)「宮リバー度会ソーラーパーク発電所」の建設を始めた。

九電工、東京センチュリー、ベルテクノエナジーの3社は2019年3月28日、三重県で大規模太陽光発電所(メガソーラー)「宮リバー度会ソーラーパーク発電所」の建設を始めた。2023年3月末の運転開始を予定している。この事業は、上記3社などが出資して設立した「合同会社宮リバー度会ソーラーパーク」が担当する。

図 宮リバー度会ソーラーパーク発電所

図 宮リバー度会ソーラーパーク発電所

出所 宮リバー度会ソーラーパーク

宮リバー度会ソーラーパーク発電所の建設地は三重県度会郡度会町上久具(みえけんわたらいぐんわたらいちょうかみくぐ)。敷地は、ベルテクノエナジーの所有地と一般地権者が所有する土地にまたがっている。メガソーラー事業はベルテクノエナジーや一般地権者に賃料を支払って土地を賃借して進める。

太陽光発電モジュールはカナダCanadian Solarの製品を採用する。敷地内に合計17万9984枚を設置する。発電所の最大出力は約71.9MW(7万1900kW)。3社は、年間発電量は約80GWh(8000万kWh)と見込んでいる。一般世帯の年間消費電力量にして、約2万6900世帯分に当たる。設備利用率を計算すると、約12.7%となる。

発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度で中部電力へ全量売電する。売電単価は非公開。


■リンク
東京センチュリー

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...