[プロダクト]

ビッグデータ/M2Mをリアルタイムに処理する「ユニケージ開発手法」

2013/09/01
(日)

昨今では、自動車や携帯機器から送信されるGPS情報や電気メーター(スマートメーター)から収集される検針データなどのM2Mデータ、またWebに集まるログなど、これまでとは桁違いの大量なデータの管理・運用が必須となっている。同時に、これらのビッグデータをリアルタイムに処理する技術が模索されている。ここでは、UNIXのベース技術でリアルタイムにビッグデータを処理する「ユニケージ開発手法」について紹介していく。

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...