[トピックス]

IRENAとアフリカ連合委員会(AUC)が新型コロナ対応で再エネシステムを構築へ

2020/05/09
(土)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

 再生可能エネルギー(以下、再エネ)の利用促進を目的とする国際機関「IRENA」(アイリーナ)とアフリカ連合委員会(AUC)は、アフリカのCovid-19(新型コロナウイルス感染症)への対応強化を目的に、2020年4月16日、アフリカ大陸全体で再エネシステムの構築に協力することを合意した。

 再生可能エネルギー(以下、再エネ)の利用促進を目的とする国際機関「IRENA」(アイリーナ)注1とアフリカ連合委員会(AUC)注2は、アフリカのCovid-19(新型コロナウイルス感染症)への対応強化を目的に、2020年4月16日、アフリカ大陸全体で再エネシステムの構築に協力することを合意した。

 この2つの組織は、再エネシステムの開発を推進・構築(写真)し、アフリカ大陸でのエネルギーの利活用を向上させる。

写真 アフリカのCovid-19に対応した再エネシステム構築のイメージ

写真 アフリカのCovid-19に対応した再エネシステム構築のイメージ

出所 https://www.irena.org/newsroom/pressreleases/2020/Apr/African-Union-and-IRENA-to-Advance-Renewables-in-Response-to-Covid19

 特に、医療機器や衛生を改善するための水汲みなどの重要なサービスに、再エネによる電力を供給し、健康問題に対処する地方の保健センターやコミュニティの機能を改善する。これによって、アフリカがパンデミック(世界的大流行)にならないように対応を強化する。

 現在、アフリカには世界で最も開発が遅れている国の2/3以上が居住しており、現在、6億人がエネルギーサービスを利用できないまま暮らしている。言い換えると、アフリカは2030年までに再エネによって、エネルギー需要のほぼ1/4をカバーできるという、巨大な可能性を秘めていることでもある。

 IRENAとAUCは、AU(アフリカ連合)の首脳が2015年1月に合意した「AUアジェンダ2063」注3と、持続可能な開発に関する国連アジェンダ2030「SDGs」の、両方の実現に向けて取り組みを強化する。


注1
IRENA:International Renewable Energy Agency、国際再生可能エネルギー機関。再エネの普及および持続可能な利用の促進を目的として2011年4月に設立された国際機関。加盟国数は161カ国とEU(2020年4月現在)。

注2
AUC:African Union Commission、アフリカ連合委員会。2002年7月に発足したアフリカ55の国・地域が加盟する世界最大級の地域機関「AU」(African Union、アフリカ連合)の事務局。AUの対外的な代表として、政策・法案の提案、決定事項を執行する。

注3
2063年までにアフリカの繁栄を目指す政治、経済、社会に関する長期的ビジョン

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...