[クローズアップ]

最新版『DXレポート2.1』を公表!

― 「低位安定」関係ではデジタル競争は勝ち抜けない ―
2021/10/04
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

『DXレポート2.1』ではデジタル企業への変革を加速

〔1〕ユーザー企業とベンダー企業のジレンマ

 『DXレポート2』公表後、2021年8月に『DXレポート2.1』(以下、DX2.1)が公表された注4。DX2.1では、『DXレポート2』で明らかにできなかった「デジタル変革後の企業の姿」を示すとともに、「デジタル企業への変革を加速させる政策の方向性」を示した。

 DX2.1によると、企業変革を阻むユーザー企業とベンダー企業のもつ3つのジレンマ(表1)の解決が重要で、これを打破するためには、企業経営者のビジョンとコミットメント(約束)が必要不可欠である、と指摘している。

表1 デジタル産業を目指す企業の3つのジレンマ

表1 デジタル産業を目指す企業の3つのジレンマ

出所 経済産業省「DXレポート2.1(DXレポート2追補版)(概要)」、令和3(2021)年8月31日

〔2〕デジタル産業の構造と4つの企業類型

 図2は、DX2.1で示された、既存産業の業界構造とデジタル産業の業界構造を対比したものである。これを見ると、既存産業の業界構造は、特定の大企業を頂点とした多重下請け型(ピラミッド型)の構造をとり(図2下部)、一方のデジタル産業の業界構造では、固定的でないネットワーク型の構造となる(図2上部)。

 DX2.1では、デジタル産業が創出する価値は、市場との対話の中で迅速に変化する必要性があり、また1社で対応できない多様な価値を結びつける必要性から、固定的でないネットワーク型の構造となると述べている。

 さらにDX2.1では、図2に示したデジタル産業を構成する企業を、表2のように4つに類型化した。これをもとに企業が自社の成熟度を評価できる「デジタル産業指標」などを策定し、DX成功パターンの事例を策定していく。

図2 デジタル産業の構造と4つの企業類型の関係

図2 デジタル産業の構造と4つの企業類型の関係

表2 4つの企業類型

表2 4つの企業類型

出所 (図2、表2ともに)経済産業省「DXレポート2.1(DXレポート2追補版)(概要)」、令和3(2021)年8月31日

 今後、企業の構造変革が実現し、真のDX/GX時代が到来することを期待したい。


▼ 注4
「デジタル産業の創出に向けた研究会」の『DXレポート2.1』(DXレポート2追補版)として公表(2021年8月)。

ページ

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...