[脱炭素時代の実現に向けた半導体の最新動向]

第3回(最終回) CO2排出ゼロへ! 再エネ制御に活躍する半導体

2021/11/05
(金)
津田 建二 国際技術ジャーナリスト

脱炭素時代のエネルギー源として、太陽光や風力、水力、地熱、バイオマスなどさまざまな再生可能エネルギー(以下、再エネ)がある。それらは地球上にある自然エネルギーを利用したものが多いが、それだけでは実用にならない。太陽光で発電した直流電圧(DC)の電力(エネルギー)を、家庭用の交流電圧(AC100V/200V)に変換したり、蓄電器に充電したりしなければならない。このような制御に半導体が登場する。さらに、半導体を使って無駄な電力を削減する技術(省エネ技術)や、半導体自身が消費する電力を削減する技術もある。半導体は、AI(人工知能)やDX(デジタルトランスフォーメーション)に欠かせない技術として脚光を浴びているが、実は脱炭素にも欠かせない重要なキー技術なのである。

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...