[特別レポート]

石油・ガス/電気料金の高騰時代にコーポレートPPAは救世主となれるか!?

― 2021年に逆転! 太陽光発電は火力発電より安価に ―
2022/06/12
(日)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

ロシアによるウクライナ侵攻が2022年2月24日に開始されて以降、急激な石油・ガスなどのエネルギー燃料価格高騰が加速し、これに伴って電気料金(卸市場価格)が高止まりし、国際的にも電力・エネルギー市場は不安定な事態を迎えている。このような背景の中、2021年4月からの1年間(2021年度)に、日本における新電力(小売電気事業者)は、706社中31社が相次いで倒産・廃業・撤退(2022年3月現在)に追い込まれ、また大手電力各社は電力の新規契約を停止するなどの異常事態を迎えている。この事態の打開に向けて「コーポレートPPA」(電力購入契約)が注目され、その普及が始まっている。
「コーポレートPPA」は、脱炭素を目指す企業経営の持続可能性(サステナビリティ)を実現する救世主となれるのか。ここでは、2022年4月20日に開催されたオンラインイベント「脱炭素経営と電力市場高騰リスクに対応するコーポレートPPA」(注1)から、株式会社 UPDATER 専務取締役(COO)事業本部長の三宅 成也(みやけ せいや)氏の講演をレポートする。

関連記事
新刊情報
攻撃者視点によるハッキング体験! 本書は、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説したものです。実際のサンプル機器に...
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...