[ニュース]

日立とABB社が日本の高圧直流送電事業で戦略的パートナーシップ関係を構築

2014/12/16
(火)
SmartGridニューズレター編集部

株式会社日立製作所(以下:日立、東京都千代田区丸の内、執行役社長兼COO:東原 敏昭)とABB Ltd(以下:ABB、スイス連邦、CEO:ウルリッヒ・シュピースホーファー)は、2014年12月16日、国内向け高圧直流送電(High Voltage Direct Current、以下、HVDC※1)事業の合弁会社を設立することに合意した。

新会社は東京に拠点を置き、日立が主契約者として受注する日本国内のHVDCプロジェクトに、ABBの最新技術を導入し、直流システム部分の設計からエンジニアリング、機器供給などを一括で請け負い、アフターサービスも行う。

両社の出資比率は日立51%、ABB49%となる予定で、今回の合意は、日立とABBが日本の電力システムの改革に貢献するための戦略的パートナーシップの第一歩となる。

今後、日立とABBはさらに関係を強化し、協業の範囲を拡げることを検討していくとのことで、両社は、それぞれの取締役会による機関決定ならびに必要な承認などを経て、数カ月後に合弁会社設立を目指す。


※1:HVDC 送電システム

  • [High Voltage Direct Current Transmission System]
  • 読み方:エイチ・ブイ・ディー・シー
  • 日本語訳:高圧直流送電システム

直流送電とは、発電機で発電した三相交流電圧を直流電圧に変換し、送電する方法。これを25万V~50万V などの高電圧にして送電する方式。HVDC 送電システムは、比較的低コストで実現でき、交流送電システムよりも低損失で長距離送電することが可能であるが、交流システムに比べ信頼性などに課題があるといわれている。

■リンク
日立ニュースリリース

ABB in Japan ニュース

 

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...