[ニュース]

日産、100%電気トラック「e-NT400テストトラック」の実証運行を実施

2015/03/16
(月)
SmartGridニューズレター編集部

日産自動車株式会社(以下:日産、神奈川県横浜市、社長兼最高経営責任者(CEO):Carlos Ghosn)は、2015年3月15日、100%電気トラック「e-NT400テストトラック」の実証運行を、千代田区のコミュニティサイクル事業実証実験「ちよくる」※1内で開始すると発表した。

「e-NT400テストトラック」

株式会社NTTドコモ(以下:NTTドコモ、東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 薰)と東京都千代田区は、「ちよくる」プログラムにおいて、日産が貸与する「e-NT400テストトラック」※2のモニター車を、千代田区内全域に配置されている約30カ所のサイクルポート(自転車の貸出・返却拠点)間での次世代コミュニティサイクルシステムを搭載した自転車の再配置運営に、2カ月間活用する。

今回、100%電気で走行する「e-NT400テストトラック」を使用することで、サイクルシェアリング事業全体における、さらなるCO2削減効果を実現する。

日産は今回の実証運行で得られたデータをもとに、走行性能や充電の運用などに関する検証を進め、今後の開発に活かしていく。


※1:「ちよくる」
NTTドコモと東京都千代田区が、2014年年10月から実施している千代田区のコミュニティサイクル事業実証実験。

※2:「e-NT400テストトラック」
小型トラック「アトラス」をベースに、「日産リーフ」のコンポーネント(モーター、バッテリー)を最大限活用した電気自動車(EV)システムを搭載しており、画期的なゼロエミッションの小型トラックとして将来の量産化を目指している。今回のモニター車はJC08モードでの航続可能距離が約62キロであり、さらに、30分間で容量の80%まで充電可能な急速充電機能を内蔵している。

■リンク
日産
東京都千代田区

 

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...