[ニュース]

シャープ、茨城県の「利根町シャープ第二太陽光発電所」など商業運転を開始

2015/04/02
(木)
SmartGridニューズレター編集部

2015年4月2日、シャープ株式会社(以下:シャープ、大阪市阿倍野区、代表取締役社長:髙橋 興三)と芙蓉総合リース株式会社(以下:芙蓉総合リース、東京都千代田区、取締役社長:佐藤 隆)が共同出資する合同会社クリスタル・クリア・ソーラー(以下:クリスタル・クリア・ソーラー)は、茨城県、広島県、および三重県で建設していた、「利根町シャープ第二太陽光発電所」、「帝人三原第二太陽光発電所」、および「シャープ大紀町太陽光発電所」の商業運転を3月下旬に開始したことを発表した。
いずれも、シャープが合同会社から建設を委託され、発電事業までを行う。

利根町シャープ第二太陽光発電所(左手前および中央後方部分)

各発電所の概要は次の通り。

利根町シャープ第二太陽光発電所

事業会社 合同会社クリスタル・クリア・ソーラー
発電所所在地 茨城県北相馬郡利根町大字立木字川向新田4534番1
出力規模(モジュール容量) 約1.0MW-dc※1
年間予測発電量 約115万kWh(一般家庭の約320世帯分)※2
運転開始日 2015年3月27日

 

帝人三原第二太陽光発電所

事業会社 合同会社クリスタル・クリア・ソーラー
発電所所在地 広島県三原市円一町一丁目1901番23他
出力規模(モジュール容量) 約2.0MW-dc※1
年間予測発電量 約222万kWh(一般家庭の約617世帯分)※2           
運転開始日 2015年3月27日

 

シャープ大紀町太陽光発電所

事業会社 合同会社クリスタル・クリア・ソーラー
発電所所在地 三重県度会郡大紀町滝原字裏出937番1他
出力規模(モジュール容量) 約2.0MW-dc※1
年間予測発電量 約212万kWh(一般家庭の約590世帯分)※2          
運転開始日 2015年3月31日

※1:dc(direct current)、直流電流を指す。

※2:1世帯当り3,600kWhで算出。

■リンク
シャープ
芙蓉総合リース
 

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...