[ニュース]

ソフトバンク、Aeris社とIoTやテレマティクスのサービス構築を支援する合弁会社を設立

2016/07/14
(木)

2016年7月14日、ソフトバンク株式会社(以下:ソフトバンク、東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙)とAeris Communications,Inc.(以下:Aeris社、米国カリフォルニア州、CEO:Marc Jones)は、共同出資により、企業のIoTやテレマティクスの利活用、サービスの構築を支援する新会社「株式会社Aeris Japan」を設立したことを発表した。

ソフトバンクは、大手自動車メーカーが国内最大規模で展開するテレマティクスサービスをはじめ、業務用車両向けの運行管理サービス(フリート・マネジメント)や、自動販売機の検量サービスの他、医療、セキュリティー、農業、建機などの分野でサービスを提供しており、2014年には、米国GE社との戦略的提携により、インダストリアルIoTのサービスプラットフォーム「Predix」の共同提供を開始するなど、回線やネットワークインフラの提供のみならず、企業におけるIoTの利活用支援から業務の効率化、オペレーションの最適化まで、サービスを拡充してきている。
eris社は、米国においてテレマティクスサービスプロバイダーとしての回線提供サービスをベースに、SIMマネジメントのオンラインポータル(SIM管理プラットフォーム)の提供や、顧客ニーズに基づいたアプリケーション構築までサービスの領域を広げ、企業のさまざまなIoT関連のニーズに応えるソリューションを展開している。

今後、両社が持つIoT分野における高度なテクノロジーやビジネス基盤をベースに、さらに多様化、高度化する企業のIoTの利活用ニーズに対応したサービスを共同開発し、Aeris Japanを通して主に日本の企業向けに提供していく。

提供予定サービスの概要

  1. 「IoTワンストップサービス」プラットフォーム
    モバイルネットワークからSIM管理、見える化、データ利活用、課金まで、顧客の用途に合わせたエンド・ツー・エンドのサービスを構築、提供する。
    図1 IoTワンストップサービス イメージ

     
  2. テレマティクスサービス
    リモートコントロールや車両モニタリング、eコールなど、Aerisの「テレマティクスプラットフォーム」を利用する基本的なサービスのほかインフォテイメントなど、顧客の多様なニーズに合わせた個別のカスタマイズサービスを提供する。
    図2 自動車メーカーへのサービス提供 イメージ

     
  3. IoTソリューションサービス
    フリートマネジメント、遠隔医療診断、遠隔監視、バスロケーションなど、さまざまなIoTのサービス用途向けに、アプリケーション・プラットフォームサービスを柔軟に提供する。

Aeris Japan概要

社名 株式会社Aeris Japan
設立日 2016年7月1日
所在地 東京都港区東新橋1-9-1
役員 代表取締役 兼 CEO:Raj Kanaya
代表取締役副社長:赤堀 洋
出資比率

ソフトバンク株式会社:51%
Aens Communications,inc:49%

業務内容 IoT関連およびテレマティクス関連のサービスの提供

 


■リンク
ソフトバンク

TOPに戻る
最新ニュース一覧

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...