[ニュース]

ソフトバンクが藤枝市と共同でLPWAを利用したサービスの実証実験実施へ、市内にLoRaWANネットワークを構築

2016/12/06
(火)
SmartGridニューズレター編集部

ソフトバンクは、藤枝市全域を目標にLPWAネットワークを構築し、そのネットワークを活用した実証実験を実施すると発表した。

ソフトバンクは2016年12月6日、藤枝市全域を目標にLPWAネットワークを構築し、そのネットワークを活用した実証実験を実施すると発表した。ソフトバンクによると、自治体全域をカバーするLPWAネットワークと、そのネットワークを活用する基盤を構築するのは日本で初の試みだという。

藤枝市と、共同で実施する実証実験は2種類。1つ目は「子どもの見守りシステム」。GPS機能を持たせたLPWA通信端末を児童に持たせて、現在位置情報や登下校の時刻を確認するなどの機能を検証する。2つ目はセンサーが拾うデータをLPWAで送信することで、新たなIoTビジネスモデルの確立を目指すもの。

実験用環境は2017年3月末までに構築する。このときは藤枝市のほぼ全域で利用できるLoRaWANの通信環境を作る。環境が完成次第、藤枝市との共同実証実験を始める。2017年夏以降には、NB-IoT(Cat.NB1)やCat-M1のネットワーク環境を構築することも検討している。

藤枝市に構築した実験環境は、実証実験に利用するだけでなく、施設を管理するシステムや、スマートメータ、公共インフラの管理、スマートパーキング、農業におけるセンシングデータの送信手段として活用することも想定している。

また、実験環境を国内外のサービス事業者が利用することも可能にする。ソフトバンクは幅広くサービス利用者の参加を呼びかけ、藤枝市のスマートシティー化を進めることを目標としている。申込みの受付方法や利用条件は検討中。決まり次第、改めて発表するとしている。

図 ソフトバンクが2016年9月にLoRaWAN通信サービスを発表したときに示した、LPWAの利用例。この枠に収まらない新しいアイデアを持つ事業者が実験施設の利用を申し込んでくることを望んでいる

図 ソフトバンクが2016年9月にLoRaWAN通信サービスを発表したときに示した、LPWAの利用例。この枠に収まらない新しいアイデアを持つ事業者が実験施設の利用を申し込んでくることを望んでいる

出所 ソフトバンク


■リンク
ソフトバンク

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...