[ニュース]

ソフトバンク、グローバルIoT/M2Mマネジメントサービスを提供開始

2015/07/28
(火)
SmartGridニューズレター編集部

2015年7月28日、ソフトバンク株式会社(以下:ソフトバンク、東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO :宮内 謙)は、IoT/M2Mソリューションの活用やビジネスでの展開を考える企業向けに、グローバルIoT/M2Mマネジメントサービスの提供を開始を発表した。

IoT/M2Mソリューションにおいては、多くの管理対象物がネットワークにつながることによる運用管理負荷の増大、コストの増加、グローバル展開する際の管理の煩雑さが多くの企業の課題になっている。同サービスは、このような課題に対し、対象物につながるモバイル回線の管理機能に加え、機器などの障害の簡易診断機能を備えることで企業のサービス品質の向上を図るとともに、管理業務の自動化によりネットワークコストならびに運用管理コストを削減させる。さらにグローバル展開する場合でも、単一プラットフォーム※1による管理が可能なため、ユーザーの運用・管理の煩雑さを解消しグローバルでのIoTビジネスの展開、拡張を支援する。
 図1 サービス概要図

サービスの提供にあたっては同プラットフォームを利用する世界中の通信事業者と連携し、広範囲でのIoT/M2Mサービス展開とコスト最適化を実現するとともに、インターネット接続により複数の国や地域からでも統一されたウェブベースでの管理ができる機能を提供する。同サービスは2015年秋からの提供を予定する。

モバイル回線管理機能と特長
 図2 モバイル回線管理機能と特長

主要機能

  • リアルタイム回線状況管理

    • 国内外の回線利用状況確認
    • 回線とIoT機器を紐づけて管理することも可能
       
  • 接続ライフサイクルマネジメント
    • 機器に対する回線開通停止
    • IoTサービス開始時の回線開通作業
    • 在庫保管時などの回線停止作業
    • IoTサービスを再開する時の開通作業
       
  • リアルタイム障害診断
    • サーバーへのデータ未到達時の簡易障害切り分け
    • SIMを搭載した機器の圏外・圏内確認
       
  • 料金プラン、通信量管理
    • 回線ごとのご利用金額の閲覧
    • 回線ごとのご利用データ量の閲覧

※1 Jasper Technologies,Inc.(本社:米国カリフォルニア州)のプラットフォームを採用。

■リンク
ソフトバンク

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...