[ニュース]

京セラコミュニケーションシステム、屋内向け小型Sigfox基地局のレンタルを開始

2019/01/30
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

京セラコミュニケーションシステムは、屋内向け小型Sigfox基地局「Access Station Micro」のレンタルを開始した。

京セラコミュニケーションシステムは2019年1月30日、屋内向け小型Sigfox基地局「Access Station Micro」のレンタルを開始した。2017年10月にレンタルを開始した「Access Station Mini」(参考記事)に比べると、通信可能な範囲は狭くなるが、用途を屋内通信に限定し、小型で安価に利用できる点が特徴だ。

図 屋内向け小型Sigfox基地局「Access Station Micro」

図 屋内向け小型Sigfox基地局「Access Station Micro」

出所 京セラコミュニケーションシステム

Access Station Microの外形寸法は、約186×159×108mm。本体重量は450g。従来からレンタル提供している「Access Station Mini」の外形寸法が200×150×70mmで、本体重量が2.5kg。Access Station Microは一回り小さく、本体重量が1/5以下となる。通信可能な範囲は見通しで1~2km。京セラコミュニケーションシステムは、オフィス内、工場内、地下街などSigfoxの電波が届きにくいところに設置して、Sigfox通信エリアを作る用途を想定している。

電源はPoE(Power over Ethernet)を利用するため、電源コンセントの位置を気にすることなく設置場所を決められる。そして、3G通信対応のドングルを備えており、端末と通信したデータを3GでSigfoxサーバーに送受信する。

Access Station Microは1年契約でレンタルする。初期費用は1台当たり9800円(税別:以下同様)で、年間利用費は1台当たり3万4800円。この料金は、3Gドングルと3G通信費用も合わせた額となっている。基地局の運用保守は京セラコミュニケーションシステムが担当する。


■リンク
京セラコミュニケーションシステム

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...