[ニュース]

関西電力など3社、60台のEV/PHEVをVPPとして活用する実験を開始

2018/01/11
(木)
SmartGridニューズレター編集部

関西電力、住友電気工業、日産自動車の3社は、電気自動車とプラグインハイブリッド車をVPPとして活用する実験を開始したと発表した。

関西電力、住友電気工業、日産自動車の3社は2018年1月11日、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)を仮想発電所(VPP:Virtual Power Plant)として活用する実験を開始したと発表した。関西電力の事業所を一般家庭に駐車する合計60台のEVとPHEVの内蔵蓄電池への充電を遠隔制御して、送電系統に流す電力の調整を図る。実験期間は2018年2月28日までの予定。

図 実験に使用する電気自動車を関西電力の事業所に駐車したところ

図 実験に使用する電気自動車を関西電力の事業所に駐車したところ

出所 関西電力

電気自動車への充電は3種類のサーバーを使って制御する。まず関西電力が運営するVPPサーバーが住友電気工業が運営するEVサーバーに指示を出す。EVサーバーは日産自動車が運営するテレマティクスサーバーに、60台のEV/PHEVがそれぞれ充電可能か、充電可能な量はどれほどかを確認するよう依頼する。そしてEVサーバーは、テレマティクスサーバーが取得した情報を受けて、充電可能な車輌に充電を始める。EV/PHEVの所有者は、EVサーバーから参加依頼を受けたときに、専用のスマートフォンアプリケーションで参加、不参加の意向を伝えることも可能だ。

図 実験では、3種類のサーバーでEV/PHEVへの充電を制御する

図 実験では、3種類のサーバーでEV/PHEVへの充電を制御する

出所 関西電力

EVサーバーは、充電器に設置した「EVスイッチ」を制御することで、それぞれの車輌への充電量を制御する。EVスイッチは関西電力と住友電気工業が共同で開発した。3社は今回の実験で、EV/PHEVでどれほどの電力調整が可能かを把握するとともに、EV/PHEVの活用方法や制御履歴を分析して、VPPの一部としてどれほど活用できるか評価するとしている。


■リンク
関西電力
住友電気工業
日産自動車

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...