[ニュース]

トヨタ自動車、カナダ・ケベック州で一部顧客にFCV「MIRAI」を販売へ

2018/01/19
(金)
SmartGridニューズレター編集部

トヨタ自動車は、カナダ・ケベック州で一部顧客を対象に燃料電池車「MIRAI」を販売すると発表した。

トヨタ自動車は2018年1月19日、カナダ・ケベック州で一部顧客を対象に燃料電池車(FCV)「MIRAI」を販売すると発表した。同社のカナダ法人であるToyota Canadaは2017年1月から現地にMIRAIを3台試験的に導入し、短時間で水素を充填でき、ガソリン車と航続距離が変わらないというFCVの長所をアピールしてきた。さらに、カナダで運用する際に重要な寒冷地性能も十分だと判断し、顧客の理解も得られたと考え、販売を始めることになった。

図 トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」

図 トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI」

出所 トヨタ自動車

販売は2018年4月頃から開始の予定。企業、政府関係者、公的機関など一部顧客に限って50台を販売する。販売時に買い戻し額を決め、一定期間を経過したら買い戻す「フリート販売」で提供する。これは、顧客に運用してもらいながらMIRAIの性能などを検証することも目的としているためだ。

ケベック州には世界第4位の規模の水力発電所があり、再生可能エネルギーの導入も進んでいる。この点からトヨタ自動車は、潜在的な水素生産能力が高いと判断し、水素ステーションの整備を進めてきた。そして、今回のフリート販売開始に至る。

トヨタ自動車は水素ステーションの整備が比較的進んでいる日本、アメリカ、ヨーロッパでMIRAIを販売しており、2014年12月の発売から2017年末に合計でおよそ5300台を販売している。さらに、オーストラリアやアラブ首長国連邦、中国などの国でも試験的に導入して実証実験を進めているという。

今回のケベック州での販売開始はあくまで一部顧客へのフリート販売であり、正式な発売時期は未定だという。


■リンク
トヨタ自動車

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...