[ニュース]

カリフォルニア州のスキーリゾート、大規模蓄電池を活用するマイクログリッド構築計画を発表

2018/02/07
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スキーリゾートを運営しているSquaw Valley Alpine Meadowsは、スコーバレースキー場内に大規模蓄電池を設置し、周辺住民と商店、そしてスキー場をつなぐマイクログリッドを構築する構想を発表した。

カリフォルニア州のスキーリゾートを運営しているSquaw Valley Alpine Meadowsは2018年2月5日(太平洋標準時)、Squaw Valley(スコーバレー)スキー場内に大規模蓄電池を設置し、周辺住民と商店、そしてスキー場をつなぐマイクログリッドを構築する構想「Olympic Valley Microgrid Project」を発表した。ちなみにSquaw Valleyは、カリフォルニア州のシエラネバダ山脈にある盆地。ネバダ州国境にも近い。そして、1960年の第8回冬季オリンピックの会場だった。

図 スコーバレースキー場、山の中腹に大規模蓄電池を設置する計画だ

図 スコーバレースキー場、山の中腹に大規模蓄電池を設置する計画だ

出所 Squaw Valley Alpine Meadows

設置する蓄電池は出力8MWで、供給する業者はTesla。Teslaは同社の大規模定置型蓄電池「Powerpack」を供給するものと考えられる。すでに設置場所を探る調査を済ませており、山の中腹にある「Gold Coast」という施設のそばにある、資材置き場に設置すると決定している。Squaw Valley Alpine Meadowsは、大規模蓄電池を設置する土地を提供し、そこに送電業者であるLiberty Utilitiesが大規模蓄電池を設置し、運営とメンテナンスを担当する。大規模蓄電池はLiberty Utilitiesが所有する形になる。

大型蓄電池を中心にしたマイクログリッドを構成すると、3つの大きな効果が期待できる。1つ目は送電網の障害で停電が発生しても、近隣にある蓄電池から電力供給を受けられるという点。もう1つは、電力単価が安い時間帯に充電し、電力需要がピークに達し、電力単価が最高に達する時間帯に、蓄電池に充電しておいた電力を利用することで、電気料金を節約できるという点。

3つ目は、太陽光や風力などの発電量が不安定な再生可能エネルギーを導入しても、蓄電池が発電量の変動を吸収するため、安定して電力を利用できる点だ。Squaw Valley Alpine Meadowsは2018年中に施設で消費する電力を100%再生可能エネルギー由来のものに切り替える計画を発表している。

現在は、カリフォルニア公益事業委員会(CPUC:California Public Utilities Commission)と地元であるプレイサー郡の認可を待っている段階だ。認可が下り次第、建設を始める。


■リンク
Squaw Valley Alpine Meadows

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...