[ニュース]

アメリカStem、カリフォルニア州のオフィスビルに7.5MWh以上の蓄電池を設置

2018/02/07
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

アメリカStemは、オフィスビル経営などを手がけているKilroy Realtyのオフィスビル8軒に大型蓄電池を設置すると発表した。

アメリカStemは2018年2月6日(太平洋標準時)、オフィスビル経営などを手がけているKilroy Realtyのオフィスビル8軒に大型蓄電池を設置すると発表した。具体的にはサンフランシスコのオフィスビル4軒とロサンゼルスのオフィスビル4軒に設置した。蓄電容量合計は7.5MWh(7500kWh)を超える。Stemは大学キャンパスに蓄電池を設置するなど(参考記事)、実績を伸ばしている。

図 Stemの大規模蓄電池「PowerStore」

図 Stemの大規模蓄電池「PowerStore」

出所 Stem

Stemの蓄電池はAI(Artificial Intelligence)で電力消費量、充電量、電力単価など様々な要素を合わせて分析する「Athena」という機能を備えている。Athena搭載の蓄電池は世界的なVPPネットワークを構成しており、近隣の地域で電力需要が逼迫しているときに、余裕があるなら充電しておいた電力を供給する。

さらに、AIによる分析で充電と放電の最適なタイミングを探り、蓄電池を制御して、電気料金を節約する。またAthenaは、使えば使うほどユーザーの電力使用パターンなどを学習し、電気料金を削減する新たなチャンスを見つける。AthenaはAIによる分析で、電気料金を削減する方法を探し続けるという。

またStemは2017年11月に日本に進出している。Stemに出資している三井物産と共同で、日本国内の複数の地点に蓄電池を設置し、試験的に運用する予定だ。すでに1基目の蓄電池は新和環境が埼玉県吉川市で運営している「埼玉リサイクルセンター」に設置した。Stemは経済産業省などに、デマンドレスポンスに対応する能力をアピールしたい考えだ。


■リンク
Stem

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...