[ニュース]

東電EP、トヨタウッドユーホームの分譲住宅で太陽光電力を「預かる」サービスの実験実施へ

2018/02/21
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

東京電力エナジーパートナーとトヨタウッドユーホームは、栃木県と群馬県の分譲住宅で、「次世代スマートタウンプロジェクト」を実施すると発表した。

東京電力エナジーパートナー(東電EP)とトヨタウッドユーホームは2018年2月21日、栃木県と群馬県の分譲住宅で、「次世代スマートタウンプロジェクト」を実施すると発表した。対象の分譲住宅はトヨタウッドユーホームが提供するもので、栃木県小山市、栃木県宇都宮市、群馬県佐波郡玉村町にそれぞれ位置している。

このプロジェクトの最大の特徴は、太陽光発電システムで発電した電力を一時預かる「電気のお預かりサービス(仮称)」の実験を予定しているところだ。再生可能エネルギーの固定価格買取制度の買取期間(住宅の場合、設備設置から10年)が終了することを想定した実験と言える。

図 「電気のお預かりサービス(仮称)」のイメージ

図 「電気のお預かりサービス(仮称)」のイメージ

出所 東京電力エナジーパートナー

太陽光発電システムで発電した電力は蓄電池がないと貯めておくことはできないが、今回東電EPが実験するサービスを利用すれば、一時「預けておく」ことが可能になる。例えば、太陽光発電システムが発電した電力のうち、消費しきれない分を一時的に預けると、後に電力が必要になったときに預けておいた分を充当できる。ほかの住宅に分けることも可能だという。

実験では、協力者が提供する電力量と消費電力量などの実際のデータを使ってサービスを提供し、サービスとして最適な内容や運用方法を検討するとしている。さらに、住宅に通信機能を持つセンサーやタグなどを配置して、留守中の住宅の状況などを外出先から可能にする「おうちの安心プラン」の実験も予定している。2018年度は、以上2種類のサービスの実験を続けながら、新たなサービスを検討するという。


■リンク
東京電力エナジーパートナー
トヨタウッドユーホーム

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...