[ニュース]

「BMW i3」の蓄電池パックを利用した蓄電施設がウェールズで稼働開始、風力発電所に併設

2018/05/18
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

スウェーデンの電力会社であるVattenfallは、ウェールズにある風力発電所に併設した蓄電施設「battery@pyc」が稼働を始めたと発表した。

スウェーデンの電力会社であるVattenfallは2018年5月18日(中央ヨーロッパ時間)、ウェールズにある風力発電所に併設した蓄電施設「battery@pyc」が稼働を始めたと発表した。Vattenfallが運営する風力発電所「Pen y Cymoedd Wind Farm」に併設したもので、風力発電所で発電した電力を吸収して、電力系統を安定させる目的で運転を始めた。発電所併設の蓄電施設としてはイギリス最大規模になるという。

図 蓄電施設に設置した蓄電池。物流コンテナに5つに電気自動車用蓄電池パックを詰め込んだ

図 蓄電施設に設置した蓄電池。物流コンテナに5つに電気自動車用蓄電池パックを詰め込んだ

出所 Vattenfall

この蓄電施設で使用する蓄電池は、BMWの小型電気自動車「BMW i3」用の蓄電池パックを利用したものだ。Vattenfallは500個の新品の蓄電池パックをBMW Groupから調達し、物流コンテナ5つに詰め込んで設置した。蓄電池パック1つ当たりの蓄電容量は33kWh。合計の蓄電容量は16.5MWh(1万6500kWh)。蓄電施設の合計出力は22MW(2万2000kW)となっている。

Pen y Cymoedd Wind Farmは2017年9月に運転を開始した風力発電所。76基の風力発電設備が稼働しており、合計出力は228MW(22万8000kW)。陸上風力発電所としては、ウェールズで最大の規模を誇る。年間発電量は、ウェールズの一般世帯の13%の電力需要に応える規模だという。そしてVattenfallは、この発電所が平均で年間30万トン以上のCO2削減効果を発揮するとしている。


■リンク
Vattenfall

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...
 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。  第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、...
 NIST(米国国立標準技術研究所)が2009年11月に立ち上げた委員会「SGIP」(スマートグリッド相互運用性パネル)は、2013年にSGIP 2.0となり、新たな活動を展開している。  SG...