[ニュース]

いすゞ自動車、日本初の大型LNGトラックの実証走行を公道で実施へ

2018/05/28
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

いすゞ自動車は、液化天然ガスを燃料とする大型トラックの実証走行を公道で実施すると発表した。

いすゞ自動車は2018年5月25日、LNG(Liquefied Natural Gas:液化天然ガス)を燃料とする大型トラックの実証走行を公道で実施すると発表した。これは、いすゞ自動車がシェルジャパン、一般財団法人環境優良車普及機構と共同で環境省事業「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の委託を受けて実施するもの。LNGトラックを開発すると同時に、LNGを補給するスタンド網の整備も手がける。

図 いすゞ自動車が開発した大型LNGトラック

図 いすゞ自動車が開発した大型LNGトラック

出所 いすゞ自動車

いすゞ自動車が開発した大型LNGトラックは、1000km以上の長距離を補給なしで走行でき、高速走行時は最新のディーゼルトラックの基準と比較してCO2排出量を10%ほど削減できる。今回の実証走行では、この車両を使う運送事業者が主に東京・大阪間を高速道路で行き来する。

実証走行開始に合わせて、大阪市住之江区南港東にLNGスタンドを新設した。6月1日には、このLNGスタンドで開所式と実証実験の開始を告げる出発式を開催する予定だ。


■リンク
いすゞ自動車

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...