[ニュース]

昭和シェル石油、関東で初めて大型LNGトラックへの燃料供給を開始

2018/09/14
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

昭和シェル石油は、東京都大田区平和島にある「京浜トラックターミナルL-CNGステーション」で、大型LNGトラックへの燃料供給を始めたと発表した。

昭和シェル石油は2018年9月14日、東京都大田区平和島にある「京浜トラックターミナルL-CNGステーション(Liquefied Natural Gas:液化天然ガス、Compressed Natural Gas:圧縮天然ガス)」で、大型LNGトラックへの燃料供給を始めたと発表した。

図 大型LNGトラックに燃料を充填しているところ

図 大型LNGトラックに燃料を充填しているところ

出所 昭和シェル石油

大型LNGトラックへの燃料供給は環境省事業「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の1つである「大型LNGトラックおよび最適燃料充填インフラの開発・実証事業」の一環として実施するもの。いすゞ自動車が2018年5月に上記の事業の委託を受けて、大型LNGトラックを開発し、補給するスタンド網も整備することを発表している(参考記事)。今回、燃料供給を始めた京浜トラックターミナルL-CNGステーションは、関東発のLNG補給拠点になるという。

LNGは超低温で液化するため、エネルギー密度が高く、既存のCNGトラックでは不可能だった長距離走行が可能になるという。具体的には1回の充填で1000km超の連続走行が可能だという。さらにLNGはエンジンで燃焼させてもCO2や窒素酸化物の排出量が少ないというメリットもある。いすゞ自動車は、高速走行時なら最新のディーゼルトラックの基準と比較してCO2排出量を10%ほど削減できるとしている。

昭和シェル石油は京浜トラックターミナルL-CNGステーションで、実証走行用のLNGトラックにLNGを供給しながら、LNG供給実績データも提供して、東京-大阪間の実証走行試験に協力する。

昭和シェル石油は、中長期戦略としてLNG供給拠点の整備や普及促進など、LNG関連事業の拡大を推し進める意向を示している。


■リンク
昭和シェル石油

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...