[ニュース]

Samsung Electronics、アメリカ、ヨーロッパ、中国で使用する電力を100%再エネへ

2018/06/14
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Samsung Electronicsは、アメリカ、ヨーロッパ、中国における事業で使用する電力を2020年までに100%再生可能エネルギー由来のものに転換すると発表した。

Samsung Electronicsは2018年6月14日(韓国標準時)、アメリカ、ヨーロッパ、中国における事業で使用する電力を2020年までに100%再生可能エネルギー由来のものに転換すると発表した。対象地域を上記3地域に限定した理由として、再生可能エネルギーを活用した発電所が多く存在し、送電系統も確立しているという点を挙げている。中長期的には、全世界で同様の活動に取り組むことも検討しているという。

そして、本社がある韓国国内ではすでに再生可能エネルギーの利用に取り組んでいる。韓国政府は2030年には、国内で消費する電力のうち再生可能エネルギー由来のものを20%増加させるという目標を掲げており、Samsung Electronicsも2018年からこの目標の達成に貢献すべく、自社の社屋に太陽光発電システムの設置を進めている。

図 Samsung Electronicsが水原(Suwon)市にある本社ビルに設置した太陽光発電システム

図 Samsung Electronicsが水原(Suwon)市にある本社ビルに設置した太陽光発電システム

出所 Samsung Electronics

Samsung Electronicsは、本社がある水原(Suwon)市に構築したビル群「Samsung Digital City」に、合計で4万2000m2の太陽光発電パネルを設置した。同社はさらに2万1000mの太陽光発電パネルと、地熱発電システムを設置する予定だ。具体的には、2019年に平沢(Pyeongtaek)市にある社屋に、2020年に華城(Hwaseong)市にある社屋に設置する計画となっている。

さらにSamsung Electronicsは、同社の協力企業が再生可能エネルギーを利用する際に支援することも明かした。2019年から、同社の協力企業のうち取引規模が大きい上位100社を対象に、再生可能エネルギーの利用開始と、再生可能エネルギーの利用目標を策定する際に支援する。


■リンク
Samsung Electronics

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...
 インターネットの商用化から四半世紀が過ぎ、第4次産業革命の時代を迎えています。第4次産業革命とは「産業のデジタル化」を意味し、現在、これを支える共通の情報通信基盤の構築が求められています。  ...
 2015年頃より、IoT(InternetofThings)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車などあらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期...