[ニュース]

Facebook、2020年末までに100%再エネへ転換と宣言―二酸化炭素排出量は75%削減

2018/08/31
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

Facebookは、2020年末までに業務で消費する電力のすべてを再生可能エネルギー由来の電力に転換し、CO2排出量を75%削減すると発表した。

Facebookは2018年8月28日(アメリカ太平洋標準時間)、2020年末までに業務で消費する電力のすべてを再生可能エネルギー由来の電力に転換し、CO2排出量を75%削減すると発表した。同社は2015年に、業務で消費する電力の50%を2018年までに再生可能エネルギー由来の電力に転換するという目標を公表し、その目標を1年早く達成している。2017年には同社が消費する電力の51%が再生可能エネルギー由来のものになったという。

図 Facebookはデータセンターで消費する電力を風力発電所や太陽光発電所から調達している

図 Facebookはデータセンターで消費する電力を風力発電所や太陽光発電所から調達している

出所 Facebook

Facebookが初めて購入した再生可能エネルギー由来の電力は風力発電の電力で、2013年に購入している。それ以来、太陽光発電所と風力発電所から電力を購入し続け、合計の購入量は3GW(300万kW)に達する。特に過去1年は2.5GW(250万kW)を超えるという。

2018年に入ると、3月にはジョージア州で開設予定のデータセンターで消費する電力を風力発電所から購入し(参考記事)、5月にはノルウェーで開設予定のデータセンターで消費する電力を風力発電所から購入し(参考記事)、7月にはオレゴン州で運営中のデータセンターで消費する電力を太陽光発電所から購入するなど(参考記事)、大規模な電力購入契約を続々と締結している。

Facebookは再生可能エネルギー由来の電力を調達するために、他社と協力して太陽光発電所と風力発電所を建設してきた。同社が積極的に発電所を建設したことによって、発電所の地元業者も地域の発電所から再生可能エネルギーを容易に購入できるようになったと、同社の活動が自社の電源確保にとどまらず、発電所近隣の企業が再エネ電力を簡単に購入できる環境を作っているとアピールしている。


■リンク
Facebook

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...