[ニュース]

丸紅、ケニアで70MW級の地熱発電所建設を受注ー設備は富士電機が納入

2018/09/03
(月)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

丸紅は、ケニア発電公社から地熱発電所の設計、調達、建設まで一括で受注したと発表した。

丸紅は2018年8月31日、ケニア発電公社から地熱発電所の設計、調達、建設まで一括で受注したと発表した。また、富士電機はこの発電所に向けた地熱発電設備一式を受注したと発表している。丸紅、富士電機ともに、今回の建設計画がアフリカで初の地熱発電所建設計画になるという。

図 地熱発電所「オルカリアⅠ地熱発電所」の所在地

図 地熱発電所「オルカリアⅠ地熱発電所」の所在地

出所 富士電機

今回は、既設の地熱発電所に発電設備を追加する。発電所はケニアの首都ナイロビから北西約120kmの位置にある「オルカリアⅠ地熱発電所」。1981年に運転を開始したケニア初の地熱発電所だ。現在は1号機~5号機の5基で合計およそ185MW(18万5000kW)を発電している。新設の「6号機」は出力約70MW(7万kW)で、2021年に運転開始の予定となっている。

地熱発電にはCO2排出量が少ない再生可能エネルギーを利用しており、天候や時間帯に関係なく安定して発電を続けるという特徴がある。ケニアでは地熱発電の電力は総発電量の43%を占め、「ベースロード電源」となっている。

そしてケニアでは、ピーク時の電力需要が毎年平均でおよそ5%ずつ成長している。ケニア政府は長期開発戦略「ケニア・ビジョン2030」で、国内の地熱発電設備の合計出力を2030年までに5GW(5000MW:500万kW)まで増大させる目標を掲げており、丸紅、富士電機ともに、今後もケニアでは地熱発電所の需要が拡大すると見ている。さらに、ケニア周辺にあるエチオピアやジプチなどの国でも地熱発電所の建設を計画する動きがあるという。


■リンク
丸紅
富士電機

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...