[ニュース]

本田技研工業、GMとその傘下のCruiseと無人乗り合いサービス専用車を共同開発へ

2018/10/03
(水)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

本田技研工業、General Motors、GM Cruiseは、無人自動運転の乗り合いサービス専用車を共同で開発すると発表した。

本田技研工業、General Motors、GM Cruiseは2018年10月3日、無人自動運転の乗り合いサービス専用車を共同で開発すると発表した。開発する車両はさまざまな用途に対応するものになるという。GM Cruiseは、2013年10月にKyle Vogt氏が「Cruise Automation」として設立した企業。創業当初から自動運転技術の開発に取り組んでおり、2016年3月にはGeneral Motorsが買収し、傘下に収めた。General Motorsが2019年に量産開始を予定している自動運転車「Cruise AV」は、同社の技術を基に開発したものだ(参考記事)。

図 GM Cruiseの無人自動運転乗り合いサービス専用車のイメージ

図 GM Cruiseの無人自動運転乗り合いサービス専用車のイメージ

出所 General Motors

この協業の一環として本田技研工業はGM Cruiseに7億5000万ドル(855億円:1ドル114円換算)を出資する。さらに、今後12年間の事業資金として合計約20億ドル(2280億円)を供給する。3社は無人自動運転乗り合い車両の開発に合わせて、無人乗り合いサービスの事業を世界的に展開することも検討する。

2018年6月には、ソフトバンク・ビジョン・ファンドがGM Cruiseに22億5000万ドル(2565億円)を出資している。General Motorsは今回の本田技研工業による出資と共同事業によって、GM Cruiseの企業評価価値は146億ドル(1兆6530億円)相当に達すると見ている。

本田技研工業とGeneral Motorsはこれまでも、今後の自動車技術で重要と考えられる分野で協業している。2017年2月には、燃料電池量産に向けた合弁会社を設立し(参考記事)、2018年6月には次世代リチウムイオン蓄電池の開発で協業すると発表している(参考記事)。


■リンク
本田技研工業
General Motors

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
本書は、ブロックチェーン技術の電力・エネルギー分野での応用に焦点を当て、その基本的な概念から、世界と日本の応用事例(実証も含む)、法規制や標準化、ビジネスモデルまで、他書では解説されていないアプリケー...
5Gの技術からビジネスまですべてがわかる 5Gは社会や産業に何をもたらすのか? といったビジネス関連のトピックから、その変革はどのようなテクノロジーに支えられているのか?といった技術的な内容まで、わ...
本書は、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelona での産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解...