[ニュース]

BMW GroupとDaimler、合弁で乗り合いなど5種類のサービスを提供へー合計で1250億円を投資

2019/02/22
(金)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

BMW GroupとDaimlerは、両社が持つ乗り合いやカーシェアリング、電気自動車の充電などのサービスを統合し、合弁で5種類のサービスを提供すると発表した。

BMW GroupとDaimlerは2019年2月22日(中央ヨーロッパ時間)、両社が持つ乗り合いやカーシェアリング、電気自動車(EV)の充電などのサービスを統合し、合弁で5種類のサービスを提供すると発表した。また、この合弁事業に共同で合計10億ユーロ(1250億円:1ユーロ=125円で換算)を投資することも明らかにした。

図 発表会で握手するBMW Group CEOのHarald Krüger氏(左)と、Daimler 取締役会会長のDieter Zetsche博士(右)

図 発表会で握手するBMW Group CEOのHarald Krüger氏(左)と、Daimler 取締役会会長のDieter Zetsche博士(右)

出所 BMW Group

合弁で提供するサービスは、複数の交通機関を乗り継いで利用者を目的地まで案内する「REACH NOW」、EVの充電サービス「CHARGE NOW」、タクシー乗り合いサービス「FREE NOW」、駐車場検索と予約のサービス「PARK NOW」、カーシェアリングの「SHARE NOW」の5種類。すでに同じ名称で提供を始めているサービスもあれば、両社が保有するサービスを統合して、新しい名称で提供を始めるサービスもある。ちなみに、両社が保有するサービスの利用者は2019年2月時点でおよそ6000万人だという。

図 BMW GroupとDaimlerが合弁で提供する5種類のサービスのロゴマーク

図 BMW GroupとDaimlerが合弁で提供する5種類のサービスのロゴマーク

出所 BMW Group

5種類のサービスを見ると、EVや、インターネットにつながるコネクテッドカーなど、今後普及が始まる車両に向けたサービスが並んでいる。サービス提供が本格化する前に市場で優位に立ち、同様のサービスを提供するライバルに対抗するために、大手2社の合弁に至った。

BMW Group CEOのHarald Krüger氏は「私たちは今後、5種類のサービスをより緊密に連携させ、単一のサービスとして提供する構想を持っている。自動運転機能を持つEVを導入し、充電も駐車も自動的に済ませるようになるだろう。そして、利用者を旅客機や鉄道などほかの交通手段にスムーズに導くサービスを提供できると考えている」と合弁事業の将来について語った。

また、Daimler 取締役会会長のDieter Zetsche博士は「ほかの業者と協業する可能性もある。スタートアップや、すでに事業を確立させた他業者への出資も考えられるだろう」と、合弁事業の規模拡大の可能性について語った。


■リンク
BMW Group
Daimler

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...