[ニュース]

住友商事、分散型太陽光発電システムを開発販売するオーストラリア企業を買収

2019/01/24
(木)
インプレスSmartGridニューズレター編集部

住友商事は、オーストラリアInfinite Energyの株式を100%買収したと発表した。

住友商事は2019年1月24日、オーストラリアInfinite Energyの株式を100%買収したと発表した。Infinite Energyは住宅や商業施設の屋上を利用した分散型太陽光発電システムの開発販売や、蓄電池の施工販売、電力小売を手がけている。日照量が豊富なオーストラリアでは今後、太陽光発電システムの需要が堅調に推移すると判断して買収に踏み切った。

図 オーストラリア西海岸の街であるScarboroughで、Infinite Energyが施工した太陽光発電システムの例

図 オーストラリア西海岸の街であるScarboroughで、Infinite Energyが施工した太陽光発電システムの例

出所 住友商事

住友商事は、オーストラリアでは人口の増加や電気自動車(EV)の普及といった要因から、今後の電力需要が増加すると見込んでいるという。さらに、太陽光発電モジュールの価格低下や政府や自治体の支援もあり、太陽光発電システムの普及が進み、電力小売価格が下落しているという。

また、オーストラリア西部は人口密度が低いため送配電に大きなコストがかかってしまい、電力会社から購入する電力の料金が高くなってしまっている。一方でこの地域は日照量に恵まれており、太陽光発電システムを導入することで一般家庭でも電力にかかるコストを大きく下げることが可能だという。

住友商事はInfinite Energyの買収を機に、オーストラリアで分散型太陽光発電システムや蓄電池供給を通して、電力小売事業の基盤構築を目指すとしている。さらに、電力に他種事業を組み合わせた新事業の開発も目指すとしている。


■リンク
住友商事

TOPに戻る

関連記事
新刊情報
5Gの技術・市場トレンド、ビジネスモデルをまとめた一冊! いよいよ5G時代の到来です。米国ベライゾン、韓国SK Telecom、LGU+、KTの3社、さらに米国AT&Tはすでに5G商用サ...
経営者/ビジネスリーダーは必読! 本書では、IoTセキュリティに関する最新の脅威トピックとして、第1章では社会インフラに関わる事例、第2章ではビジネスに影響する事例、そして第3章ではAI技術を利用し...
低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説! 2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(第1フェーズ)と標準動向についてまとめた解説書です。本書『5G教科書』は、第一線で活躍されている著...